ロックアウト解雇とは?

リーマンショック以降、大量クビきりは非正規労働者にとどまらず正社員にまで及びその中で、外資系企業などで「ロックアウト解雇」(ロックアウト型退職強要)という卑劣な攻撃が発生したのです。まだ雇用関係があるにもかかわらず、職場から労働者を追放してしまういうものです、その流れは外資系から日本企業にも及んでいます。

「ロックアウト解雇」は実質的な解雇に至れば労働契約法16条の違反にあたります。
まだ雇用関係が当たる場合には、一方的で不利益な契約変更であり、労働契約法の1条と3条の違反にあたります。

パワーハラスメントを伴う悪質な退職強要であれば、職場の就業環境配慮義務を定めた労働契約法5条の違反にあたります。

対処法はブログカテゴリからいざという時のためにで参考書籍などご紹介しています。ぜひお読みください!
f0236715_23145796.jpg

[PR]
by tokyo-union-tf | 2010-04-03 16:45 | 6.アボット争議よくある質問

このブログの携帯からのアクセスはこちら。


by tokyo-union-TF